読書も学びも積み上げていくもの



 読書も学びも、積み上げていくものです。
 各書籍の紹介ページに、「薦めたい学年」を記載しましたが、読書は何も焦る必要がないので、下から順に積み上げるように薦めてあげて下さい。 一生かけて良いものをゆっくり読んでいけばいいのです。
 「うちの子は読めるから」は多くの場合、過信です。 教室でこどもたちと接していても、入室当初から問題なく読書できる子は少ないもの。その上、きちんと矯正してあげなければ、いつまでも悪い癖が抜けません。 冊数と時間とを無駄に重ねてしまうというのが、一番怖いことです。
 ここに記した「薦めたい学年」を参考に、皆さまには適切な選書とお子様方への直接の本紹介そして、ときどき内容確認をお願いしたいところです。 まずは「当サイトの眺め方」をご覧ください。



わたしのげぼく

ねこの“わたし”は、18年前に自分を選び、家へ連れて帰って日々世話してくれた少年を、当時から“げぼく(下僕)”と呼び、「しかたないやつだ」としながらも、とても可愛がった。
どんくさい“げぼく”と違い、なんだって素早くやってのける“わたし”は年をとるのも早く、賢くもあったので、死んだらどうなるのかも知っていたが、自分は何でも“げぼく”よりよくできる。だから、“げぼく”には心配しないでほしかった。泣かないでほしかった。
「ゆっくりでも、おっとりでも、どんくさくても、わたしはおまえをきらいになったりしない」そんな想いで、ねこの“わたし”は、いつか“げぼく”がゆっくり自分のところへ来てくれるのを待つのだった。

上野そら・文
くまくら珠美・絵

進めたい学年:読み聞かせ Level 4
読み聞かせにかかる時間:10分以内

“死”について、去っていく側の視点で書かれた作品です。
ペットなどとの別れももちろんですが、多くの想い出を与え/与えられて旅立とうとする者すべてとの別れに当てはまる内容でしょう。
読み聞かせ、一人読み、どちらにも向きますが、客観視点を持ち、“死”についても考えられるようになる3年生後半以上のこどもたちに触れてもらいたい図書です。


0 件のコメント:

コメントを投稿

ご意見・ご感想、お待ちしております。